女子テニスの大坂なおみ選手が日本国籍でオリンピックに出たほうがいい理由

アメリカと日本の二重国籍を持っている大坂なおみ選手は、今月、全米オープンテニスを優勝したことで、国内でもすごく話題になりました。私は彼女がまだ16歳くらいの頃から応援して居たので、この優勝はすごく嬉しいことでした。そこで注目されているのが、彼女の国籍です。東京オリンピックなので、やはり日本人として出て欲しいという声がありますが、まだはっきりとはわかって居ません。私は彼女の好きな方を選べばいいと思って居ますが、やはり日本を選ぶと思って居ます。その理由はオリンピックに出れる確率です。テニスの場合、世界で成績を残している上位の選手しかオリンピックに出れないため、同じ国から何人もの選手が出るというのはとても難しいことです。日本の女子テニス選手は、大坂選手以外、残念ながらランキングがかなり下で、まだ成績が残せて居ないので、大坂選手がこのまま頑張れば、日本代表は間違いなく獲得できます。しかし、アメリカには、ウィリアムス姉妹のほか、マディソンキーズ選手、スローンスティーブンズ選手など、大坂選手よりも成績が高い選手が沢山います。各国から4人以上の選手が出場するということは、ほとんどあり得ないので、大坂選手がアメリカ人として出場する場合は、この4人よりも総合的にランクが上になる事が求められてきます。今は優勝したことによりトップ10に入っていますが、テニスは毎年ランキングが入れ替わるためそう簡単には上位にい続けることはできません。なので、彼女は安全に日本を選ぶと思います。でも、どちらにしても、彼女を一人の選手として応援します。

北翔海莉さんのバウホール主演作品『想夫恋』

2006年に宝塚歌劇団月組で上演されたバウ・ミュージカル『想夫恋(そうふれん)—言の葉もなき、君の心—』。宝塚バウホールにて上演され、主演を北翔海莉さんが務めました。ヒロインには、城咲あいさんが選ばれました。平安後期、平家全盛の時代が舞台になっており、生涯ただ一度の恋を胸に秘め生きた公達・藤原知家を中心に描かれています。
笛の名手の藤原知家を北翔さんが演じました。幼い頃に両親と生き別れた知家を育てた藤原隆季の息子で、知家と姉弟のように育った隆房を、入団3年目の若手男役の明日海りおさんが演じました。後に婚約者を知家に託し、亡くなります。
隆房の婚約者で、藤原成範の娘の小督を城咲さんが演じました。知家と隆房の少年時代には、鼓英夏さんと沢希理寿さんが選ばれ、沢希さんは明日海さんの同期でした。
平清盛と小督の父親である藤原隆季には、専科より出演の立ともみさんと磯野千尋さんが扮し、落ち着いた演技で舞台を纏めました。授乳中 酵素ドリンク ダイエット

電気自動車が一概に環境に良い車だと言えるのか

最近、欧米の自動車メーカーを中心に、電動自動車への移行が既定路線になっている感じがします。
ガソリンやディーゼルエンジンを使うことでの大気汚染や、化石燃料を使うことに対して、資源の保護が主な理由です。
燃費のよさや取り扱いのしやすさを考えると、これはごくごく自然なことのように思えます。
今年の夏は各地で猛暑が報告されていますが、温室効果ガスの影響もないとは言えない状況です。
これから先、ずっと続く地球や人間社会のことを考えると、こうした問題は喫緊の課題であるのは間違えないでしょう。
ただ、日本においては、電気自動車を動かすための電気をどう発電するかというのも問題の一つだと思います。
ここで化石燃料が使われるようであれば、意味がないと言ってもいいような気がしてしまいます。
ガソリンやガスなどが電気で代替されるようになれば、今後の電力需要の増加だって見込まれるでしょう。
そう考えると、もう一歩踏み込んだ議論というのが必要なのではないかと思ったりしてしまいます。フレシャス キャンペーン