やかましいオバサンがいて、小言をいうんです

いるエリアではどこも回覧板や区費の受け取りがあるかと思います。私の住む店頭でも階級に二回、区費の受け取りがあり、一括ヒット3500円だ。アベレージでしょうか?これを回収する当番があって、二年ごとに順番でスタッフとなりますが、昨年今期が私の在宅のスタッフで、区費の受け取りに行ったときのことですが、いつの団地にもうるさ型がいるかと思いますが、私の団地にもいて、区費の受け取りに訪れたら、小言を言われました。こののはねおお金太陽の後に訪ねるのと。こんなこという自身いませんよ。この人だけですね。でもあたしが回収するこういう列のご自宅には、サラリーマンの自身がいません。とうに全員、高齢で年金暮らしですとか、ファクター暮らしだ。マイホームを抱えるぐらいだから、貧しい在宅もありません。貸家ならとにかく、貧しい自身もいるかもしれませんが、マイホームで年金暮らしで悠々自適に暮らしている自身しかいません。なのに、お金太陽の後に来いなんて言われるとお腹が立ちます。要するに何か言葉を言わないと気がすまない自身なんですよ。他の人にはそんなこと言った要所ないのに、若々しくて宜しいやすいあたしにだけいうんです。ほんと、ああいう女性にはなりたくないですね。