勤めの事情と運搬について教育しました

就労などについて練習しました。私たちの社会では、多くの先が各種アクティビティーをしています。たとえば、ものを生産したり運送したり販売したり始めるアクティビティーだ。こんなアクティビティーが活発におこなわれていらっしゃる国家、それが就労の国家だ。現在の就労の国家は、改善が高く訓練の速度もはやいので、この世界で通じるためには思い切り勉強しておくことが必要です。就労の世界で、近年特に改善が大きく革新が進んでいる一部分が輸送の野原だ。たとえば、クリエーターがつくったものを引き取り、それを我ら消費者に販売するのがおランチタイムですが、ひとくちにおランチタイムといっても今日では各種おランチタイムが競いあって活動している。たとえば近ごろでは、スーパー・コンビニ・安売り店・ドラックストア・ホームセンター・ショッピングセンターなどが競いあっている。輸送は、産出と使用をつなぐかけ橋の感じなのです。輸送について知れて良かったです。

自宅の父のガーデンが雑草だらけで気になっていました

うちに帰る都度、庭園の花壇が雑草のみなのが気になっていました。
お父さんがみずからいるので年代系に作戦が回らないのかな、なんて思っていました。

次にうちに帰ると、お父さんも雑草が気になっていたんでしょうね。
雑草抜きを通じていました。
けれどもその出で立ちが日頃と違っていて束の間何してるの!?と思ったんです。

誠に体躯が横たわって寝ながら抜いてたんです。
目論見を聞くとしゃがむと腰が痛くなるから、だそうです。
何にも知らないと倒れてるのかと思ってしまいます。

ただし、そんな体躯で雑草抜きをしているお父さんが忍びないので、
僕が変わってやってあげました。
雑草は至る所に生えて花壇が荒れていました。
花を植えるには、地面をもう耕して、根を合計とらないといけないぐらいでした。

次に来るときは花を買って、少しは見た目がする花壇に戻してあげたいなと思ってしまいました。
それで今日は合計雑草を抜かねば!と思い黙々と運営しました。

十中八九終わって家に戻るといったお父さんが味噌煮込みホルモンを作って出してくれました。
お父さんは従来、小料理屋を通じていたので食事がお家芸だ。
お父さんになんお花が欲しいか聞いたので次は植えてあげようと考えています。