それぞれの過程の携える都合と、異端児を排除しようとする傾向

「A・Iちゃんはどうして思います?K・Yのコト」
「いいんじゃない?ああいうやつの単独や2第三者ぐらい、居ても」
 自分は背中越しにS・Kに応答した。
「お前は昔からスピリットが広すぎるぞ、A・I。ああいうタイプは絶対に学院とかでもハブられるんだよ」
 N・Tの言うことにも一理あるが、K・Yの場合は所帯にも問題があるような気がした。親に意見することも許されずにただ押し潰されて生きてきたに食い違いない。自分はK・Yとのファースト遭遇では著しい本人不具合とフラストレーションに苛まれていらっしゃるような印象を受けた。それも、飽くまでも第最初先入観に過ぎなかったが。
「ほぼ、お前は精々K・Yと仲良くやってくれ。僕はあそこまで根暗なやつは無理だ」
「そうっスね。酷いタイプじゃないのは極めるんスけど、僕もアイツは嫌悪大きいっす」
 正中線の最前へ通う通知経絡を歩いている真っ最中、自分はいったん足を止めて確実に先を行くM・Tをよそに、N・TとS・Kのヤツに向き直った。
「何だよ。急に立ち寄りやがって」
 N・Tが身構えた。
「道場は学院とは違うみたいだし、嫌いなら嫌い、下手なら下手でいいとは思うけど、除け者みたいなことだけは抑えるべきだと自分は想う」
 N・TとS・Kはそれぞれ顔を見合わせて私のツイートに唖然としていた。