電気自動車が一概に環境に良い車だと言えるのか

最近、欧米の自動車メーカーを中心に、電動自動車への移行が既定路線になっている感じがします。
ガソリンやディーゼルエンジンを使うことでの大気汚染や、化石燃料を使うことに対して、資源の保護が主な理由です。
燃費のよさや取り扱いのしやすさを考えると、これはごくごく自然なことのように思えます。
今年の夏は各地で猛暑が報告されていますが、温室効果ガスの影響もないとは言えない状況です。
これから先、ずっと続く地球や人間社会のことを考えると、こうした問題は喫緊の課題であるのは間違えないでしょう。
ただ、日本においては、電気自動車を動かすための電気をどう発電するかというのも問題の一つだと思います。
ここで化石燃料が使われるようであれば、意味がないと言ってもいいような気がしてしまいます。
ガソリンやガスなどが電気で代替されるようになれば、今後の電力需要の増加だって見込まれるでしょう。
そう考えると、もう一歩踏み込んだ議論というのが必要なのではないかと思ったりしてしまいます。フレシャス キャンペーン