立会外分売とSBI証券独自の立会外トレードがあります

大和コンピューターの分売があります。こちらは流動性は少しよくないですが分売枚数は少なめなので当選しても安心ですね。それに株価は分売発表してから下落傾向にあるので割安感がましています。
先ほども申し上げましたように枚数が少ないので当選するのは難しいのではないでしょうか。
私は今回は、枚数の少ないこの銘柄ではなく当選確率の高いSBI証券の立会外トレードに全力参加したいと思います。
ただ、SBIの立会外トレードでは一度ももうけたことはないのですが今回の稲畑産業は空売りを入れてあるので申し込みます。
SBI証券の場合大量に申し込まないと当たらないので、私は申し込み上限である1000株申し込む予定でいます。
ただ、なんだかんだと言っても1000株SBI証券で申し込んだとしてもこの銘柄は多くの人が申し込むので当たったとしても100株だと思います。
だから、私は1000株当たったらどうしようなどということは考えずに申し込みます。